僕がDMM英会話でフィリピン人の先生を選ぶときにチェックしているポイント

あなたはDMM英会話でフィリピン人の先生を選ぶときどうやって選んでいますか?

  • 枠が空いてたらとりあえず予約する
  • お気に入りの先生の中から選ぶ
  • 特徴(初心者向け、〇〇対応など)をチェックする

先生の選び方は人によってけっこう分かれる部分かもしれませんね。

僕はフィリピン人の先生を選ぶ時に自分なりの選ぶポイントがあります。

このページでは「僕がDMM英会話の先生を選ぶポイント」紹介します。

僕がDMM英会話の先生を選ぶポイント

①共通の話題

white-sandy-beach

趣味や好きな映画

趣味が共通だとそれだけで結構話が弾むと思います。

各先生のプロフィールのページに趣味や好きな映画がのっているのでチェックできますね。

土地勘

僕はフィリピンにあるセブ島に語学留学をしたことがあり、大体の土地勘があります。地名や特定の場所を言われてある程度わかるから話しやすいのです。

あなたも海外旅行で行ったことのある国の先生を選べば、話がしやすいでしょう。

参考DMM英会話の先生もたくさんいるフィリピンのセブ島はどんなところ?

②先生の経歴

英語講師歴

しっかり教えてもらいたい場合は、講師歴が何年間あるかというのは重要です。

当然ですが、経験が長いほど、教えるのに慣れていますし、良い先生が多いです。

予約の取りづらさなどからもその先生には多くのファンやリピーターがついていることがわかりますね。

レッスンを予約するときにスケジュールを見て8割くらい埋まっているような先生であれば安心だと思います。

参考DMM英会話の先生のお気に入り登録件数はあまり信用するな

コールセンター経験

headset

自己紹介の中でコールセンター経験を書いている先生には注目してみましょう。

日本でコールセンターで働くというのとは意味合いが少し違います。

フィリピンの場合は英語圏のクレームやお問い合わせに対して英語で対応していますので発音もしっかり教育されているんですね。

コールセンタースタッフはフィリピン国内では待遇の良い職業でもありますので、先生の学歴もある程度保証されています。

③年齢

若さ

フィリピン人の中でも若い世代のほうが訛りのない英語を話していると思います。

その理由は何と言ってもインターネットのおかげでしょう。フィリピンの街を歩くといたる所に青空ネットカフェがあり、若者が動画を見まくっていることに気付きます。

Youtubeで海外の動画が気軽に見れる状態なんですね。庶民は暇さえあれば動画を見ていますよ。

ただし、字幕など付いていませんからフィリピン人は英語で理解するしかありません。

これがかえってフィリピン人の英語の訛りを少なくしているのでしょうね。

海賊版DVDを売る店

DvdShop1

中国から入ってくる海賊版のDVDの影響もあるかもしれませんね。

DvdShop2

小規模なPCアクセサリーショップで店番をしているスタッフなんかはお客さんそっちのけですね。

他に考えられる先生選びのポイント

僕自身はあまり重視していませんが、他に共通の話題になりうるとしたら学校のことでしょうね。

出身大学

seminar

出身大学名を見てもフィリピンの大学のことなのでよくわからないと思いますが、大学時代にどんな選考していたのかはその先生の趣味思考を理解する助けになります。

ただし、スポーツの世界でも良くあることですが、有名選手がよい監督やコーチになるとは限りません。

むしろ現役時代に活躍した選手でも、監督としてパッとした成績を残していない例が目につきます。

「自分ができること」と「人をできるようにさせること」は別の能力です。

まとめ

以上、僕がフィリピン人の先生を選ぶポイントについてでした。

何かの参考になれば幸いです。

DMM英会話

価格満足度No1

先生が多国籍
24時間対応

【オススメポイント】
①豊富な教材
②サイトの使いやすさ
③コンシェルジュの対応

【注意したいポイント】
ネイティブプランは別料金

更新日:

Copyright© DMM英会話でフィリピン人に英語を習おう! , 2018 All Rights Reserved.