DMM英会話の先生のお気に入り登録件数はあまり信用するな

DMM英会話で先生を選ぶとき、何を判断材料にしていますか?

  • 年齢
  • 趣味
  • 国籍
  • 性別

他にもたくさんの切り口がありますが、ひょっとするとあなたは「ユーザーの評価」などと合わせて「お気に入り登録件数」をみているかもしれませんね。

実際、僕も最初はお気に入り登録数を基準に先生を探していました。

ところが、多くの先生と接する中でこれらの評価があまり信用に値しないと感じるようになっています。

このページでは「DMM英会話のお気に入り登録数はあてにならない」という話をします。

DMM英会話のお気に入り登録数

お気に入り登録数は先生のプロフィールページなどで確認できるものです。お気に入り●●●件と表示されていますね。

あくまでも僕の感覚になってしまいますが、平均は300〜500件くらいでしょうか。

それほど重要ではないのでこまかい数字の話は置いておきますが、お気に入り登録数が参考にならないと感じる理由があります。

お気に入り数が多いのにがっかりした先生がいた

お気に入り1200件を超える先生のレッスンを予約しました。

動画を確認すると、明るい感じで見た目も綺麗でこの先生に受けてみたいなと思うような先生でした。

ところが、実際受けてみると声のトーンが低くモニターもオフの状態。騙された感じしかなかったです。

こちらの声が聞こえなかったときなどの言い方も、「口をしっかり開けて綺麗に発音してよね」みたいな感じでフィーリングが合いませんでした。

夜だったのもあってそこまで声が出せない事情は理解できなかったようです。

印象が良かった先生のお気に入り数が少なかった

逆に評価数が少ないのにすごいいい感じの先生もいます。

ノリもよく、レッスンが25分をオーバーしても嫌な顔をせずに続けてくれ、レッスン後のフォローもしっかりやってくれる先生でした。

もっと評価されてもいいはずの先生ですが、評価が集まらなかったこともあるのかDMM英会話をやめてしまいました。

こういう経験は何回もあります。

もちろん辞めた理由がわからないのですべては憶測にしか過ぎませんが、機会均等が実現できていれば辞めてない先生もいるんだろうと思っています。

つまり、良い先生でも注目されていない先生はいるし、最悪の場合、良い先生なのに人が集まらないためにやめてしまうということが起こっているのです。

先生はフリーランスなので人が集まらないと死活問題なのです。

参考DMM英会話でお気に入りの先生が突然辞めてしまうことがある

先行者利益が大きくなってしまう

多くのお気に入り登録者を獲得することはたしかに簡単なことではないと思います。

少なくとも数千人以上の生徒を教えてきたということですし、長く教えているということには違いがないでしょう。

僕はこれまで約500回のレッスンをDMMで受けたのですが、単純に軽くこの数倍以上のレッスン数を先生はこなしてきたと考えると体感としてすごさがわかります。

しかし、この数字はDMM英会話の初期から教えている先生ほど多くの登録者を獲得できるのでどうしても後からやってきた先生には不利になってしまいますよね。

YouTubeならいっぺんに多くの人が視聴できるので、良いチャンネルは一気に登録者数を伸ばすことができますが、DMM英会話の場合はマンツーマンなのでいくら良い先生でも一気に追い抜くことはできません。

まとめ

なにが言いたいのかというと新人でお気に入り件数が少ない先生が去ってしまうのは残念だということです。

お気に入り件数が少なくても良い先生がいますので僕は良い先生を評価し、悪い先生は評価しないということでやっていきたいと思います。

とりあえず、今回の話は以上です。

更新日:

Copyright© DMM英会話でフィリピン人に英語を習おう! , 2018 All Rights Reserved.