英語学習

オンライン英会話がリスニングの苦手解消に効果的な理由

更新日:

リスニング力向上のためにひたすら英文を聴けばいいと思っていませんか?

たしかに聞くだけの教材も販売されていますが、実はそれだけでは不十分なんですね。

このページでは「聞くだけの練習よりもオンライン英会話でリスニングの苦手を解消すべき理由」を紹介します。

聞くだけの練習よりもオンライン英会話でリスニングの苦手を解消すべき理由

なぜ聞くだけではリスニング力が向上しないのか

聴くだけの一方的な刺激では脳がほとんど動いていないんですね。

自分でペースをコントロールできるので、むしろ休んでいると言っても良いでしょう。お経を聞いているのとおなじで右から左へ受け流してしまいます。

ひたすら聴くだけの練習は例えるなら泳ぎ方を覚えるのに陸上で練習しているようなもの。

いくら陸の上では完璧だと思っても水に入ったらまったく通用しません。

リスニング力はどうすれば向上するか

ではどうすればいいのかというと、はやく水に飛び込んでしまうこと。

強制的に英語を使う環境に身を置いて練習するということなんですね。

そういう意味では英語圏で生活してしまうのが一番ですが、なかなかそうもいきませんからマンツーマンのオンライン英会話が優れているのです。

オンライン英会話なら目を使い、口を使い、耳を使います。

複数の刺激で脳に負荷がかかる分だけ大きな効果が期待できます。

オンライン英会話がリスニング力を向上させる理由

pc

会話のキャッチボールで脳に刺激

英語をただ聞き流すだけの場合、たとえ理解できなくても集中力が散漫でも何も問題は起こらないかもしれません。

しかし、オンライン英会話の場合、先生に対するリアクションが必要ですから理解するために最大限集中しますよね。

下手なりに先生と英語で言葉のキャッチボールをすることにより、小さな経験値が積み重なり、やがて恐怖心がなくなります。

次第に相手のペースで話されても聞き取れるようになるんですね。

全部聞き取らなくても会話が成り立つことに気がつく

レッスン中に先生の言っていることが80%しかわからないかもしれません。また、通信障害で音声が乱れることもあるでしょう。

しかし、ポイントを外さなければ会話が成り立つということに気がつくはずです。

実践のなかでポイントを掴むことに慣れてくるんですね。

このようにポイントを掴む力がアップすればリスニングテストの点もアップします。

おかしな発音を修正するチャンスが増える

自分で発音できる単語は聞き取ることができます。

これは発音できない限り聞き取りも難しいということ。だから、普段から正確に発音できるよう練習したほうがいいんですね。

しかし、発音練習の場合、自分一人では間違いに気がつかないんです。

それがオンライン英会話なら先生のおかげで修正するチャンスが増えます。

レッスン中に自分の発音が聞き返されたとしたら、間違えた発音で覚えてしまっている可能性がありますし、単語の発音練習もありますのでので他人を通して間違いに気づけるんですね。

少しくらい発音がおかしくても細かく注意されませんので安心してください。

まとめ

英語を聞き取って返せなければ、コミュニケーションが成り立ちませんからリスニングは重要なスキルです。

ぜひ、あなたは聞き流すだけの教材を中止して、オンライン英会話でリスニング力をアップさせてください。

参考フィリピン人講師に習えるオンライン英会話 トップ3

-英語学習

Copyright© DMM英会話でフィリピン人に英語を習おう! , 2018 All Rights Reserved.