英語学習

「スタディサプリ」は発音の教材としてもかなり使えるよ

更新日:

発音を少し軽視してたことに気づき、最近になって真剣に練習し直しています。

僕が今一番使っているのは「スタディサプリEnglish」です。

発音練習をする理由

そもそも、僕がなんで発音を見直しているかという話からします。

「ネイティブみたいにカッコよく発音するためじゃないの?」と思われたかもしれませんが、ちょっと違います。

1番の理由は「リスニング力アップ」のためです。

たまにとんでもなく簡単な単語を聞き逃すことがあるのですが、その理由を考えていたら発音にありそうだなと気づいたんです。

TOEICのリスニングセクションは495点中460点くらいは取れますし、DMM英会話の先生とのコミュニケーションで困ることもないので大きな問題として捉えてなかったんですが、もうワンランク上に行くために発音を見直します。

まあ、極端な話、日本語でも聞き取れないことなんてありますけど、英語のほうがやっぱり難しいですね。

 
 

ちなみにネイティブと間違われてみたい気持ちもなくはないんですが、その優先度は2番目ですかね。

全体で見れば、英語を話す時間よりも聞く時間のほうが長いのであくまでもリスニングを重視します。

それにネイティブに間違われるなんて簡単じゃないです。

単に発音だけじゃなくて、アクセントや単語のチョイスも勉強することになるからもっと深いんですよね。

発音教材としてスタディサプリEnglishが使える理由

一言でスタディサプリEnglishと言っても実は3つあります。

  1. 日常会話コース
  2. TOEICコース
  3. ビジネス英会話コース

①と②を両方ともやったのでどっちについても語れますが、とりあえず、発音教材としてより使いやすい日常会話のほうを中心にしますね。

(TOEICのほうも発音練習のために使えますが、TOEICで高得点を目指す人向けの話を別の機会で書く予定です。)

スタディサプリ ENGLISH 日常英会話コース

スタディサプリ ENGLISH

発音の練習用コンテンツが充実している

そもそも発音トレーニングってどんな教材を使えばいいのかいまいちわかりませんよね。

本を見ても最後までたどり着く前に飽きてしまいます。

なので、まず実戦で楽しみながら課題をクリアしていくのがいいと思うんですが、スタディサプリは発音がダメだとクリアできない問題が充実しています。

登場人物になりきってセリフをシャドーイングする問題では声を出さないと正解できません。

自分の声が自動で録音され、うまく発音できていない箇所は音声認識で識別してわかるようになっているから、弱点を中心に練習できて効率的にもGoodなんです。

発音力UPに有効な他のコンテンツ

  • バイリンガルによる発音方法の解説
  • 登場人物のセリフを聞き取る問題(ディクテーション)
  • 音声だけ聞いて単語の意味を当てるクイズ
  • つながる音や発生しない音のディクテーション

かなり難しい問題もある

ディクテーションの問題は難易度ごとに分かれていて、ハイレベルな問題は一発で正解するのが難しくなります。

相当な実力者じゃないとできないような問題もあります。

かなり自信がある人も確認用にやってみるといいと思いますね。

アプリが発音練習の精神的ハードルを下げてくれる

発音の練習ってかなり面倒なこともあって避けてしまうんですよね。

自分でCDなどの音声ファイルを何回も再生するのってかなり手間じゃないですか?

でも、スタディサプリはスマホアプリだからゲーム感覚でできるんですよ(PCでもできます)。

ストーリーがしっかり考えられていて、次はどうなるのか続きが気になるから飽きにくいです。

それからレベルアップする楽しみもありますね。

まだやっていないなら無料体験できます

スタディサプリは7日間たっぷり無料体験ができます。

おためし期間もすべての機能が使えるので発音に限らず、やってみてください。

-英語学習
-,

Copyright© DMM英会話でフィリピン人に英語を習おう! , 2019 All Rights Reserved.