英語学習

TOEIC中級者がリスニングセクションで失点を重ねる原因とは

更新日:

自称中級者レベルのあなたはTOEICのリスニング問題に苦手意識を持っていませんか?

  • 早すぎて聞き取れない
  • 途中でわからなくなる
  • 会話内容を覚えておけない

自分には無理なんじゃないかと絶望しているかもしれませんね。

しかし、スクリプトを見て内容自体は難しくないと感じるなら、解けない原因を地道に潰すことで正答率8割以上も目指せるんですね。

このページでは「中級者がリスニングセクションで失点を重ねる原因」について紹介します。

TOEIC中級者がリスニングセクションで失点を重ねる原因

eyeglass

発音を軽視している

発音練習を怠っていませんか?

発音がわからないと知っている単語さえ聞き逃します。意味はわかるけど発音がわからない単語に出会ったときは自己流に解釈せず、すぐ確認しましょう。

リンキングもチェック

単語単体ではなく単語同士がくっつくリンキングによって聞き取れないことも...。

理解すれば短時間でも大幅な伸びが期待できる部分なのでしっかり練習しておきましょう。アプリ活用が効果的でオススメ。

参考単語同士のリンキングは「Listening Hacker」で完璧にしよう

スピード練習をしていない

スピードに圧倒されて途中で聞くのをあきらめていませんか?

これは一言で言うと練習不足。

実はTOEICのリスニング問題はネイティヴの早い英語と比較して決して早いとは言えないスピードなんですね。

TOEICのリスニング問題を繰り返し練習することでスピードにはかなり対応できるようになるはずです。

まずはTOEIC対策練習をしっかり

もしかしたらあなたは普段からテンポの早い英語に慣れるようにYouTubeで英語のコンテンツを見たり、海外のYouTuberを見ているかもしれませんね。

しかし、TOEICのリスニング対策が目的なら、TOEIC対策のみを集中的に行うのがベスト。

まず過去問を繰り返しやったほうが点数はアップします。

やはり、似た傾向の問題が出ますし、ナレーターの声が一緒なので慣れによって聞き取りやすくなるからです。

全部聞き取らないと解けないと思い込んでいる

一字一句聞き取れないと解けないという思い込みはありませんか?

全部聞かないと解けないという思い込みがあると聞き逃した瞬間についてくのをあきらめてしまうんですね。

しかし、英語の性質上、最初のほうを聞き取れれば、全部を聞き取れなくても正解できる問題がかなりあります。

数問落としても問題ない

中級者の時点で、そもそも満点は狙えないんですからわからない問題が出てきても焦らないことです。

TOEICではリスニング問題が100問出題されますが、20問近く間違えても8割とれる計算なんですね。

また、極端に正解者が少ない問題が出題された時には、採点時に点数がカウントされないこともあります。

間違えても満点がとれるのがTOEICなので、ミスを恐れるメンタルは危険と言えるでしょう。

-英語学習
-,

Copyright© DMM英会話でフィリピン人に英語を習おう! , 2018 All Rights Reserved.